top of page

昔ながらの米作り:稲刈り

生態園の稲が大きく育ち、手刈りで稲刈りを行いました

この季節、毎年天気は良いかな~、寒くないかな~と心配ばかりですが、この日は晴天の汗ばむ陽気で稲刈り作業もスムーズに進みました。

水の引いた田んぼは、ぬかるんでいて歩くのも一苦労。そんな中で腰をかがめて釜で稲を刈るので見ている以上に大変な作業。

刈った稲を束ねてはさ掛けをするまでが稲刈りの仕事。刈る人、刈った稲を運ぶ人、運ばれた稲を束ねて縛る人、縛った稲を干し場に運ぶ人、干し場ではさ掛けする人と担当をローテーションしながら行いますが、みんながスムーズに作業してくれたおかげで無事に終わることができました。

稲刈りが終わってイナゴたちの住みかがなくなってしまいましたが、きっと近くの草むらにお引っ越しして何事もなかったように過ごしていることでしょう。

カルガモたちがはさ掛した稲を食べませんように(な)

閲覧数:17回

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page