生態園 NEWS Letter

最終更新: 6月13日

2020年12月4日

No.200  今月の植物と昆虫

今月の昆虫たち

a. クロマルエンマコガネ(11/13)

b. ヒメハサミツノカメムシ(11/8)

c. ニトベエダシャク(11/22)

d. ムネアカオオクロテントウ(11/7)



年末のご挨拶

 2020年も早いもので残り僅かとなりました。今年は新型コロナの流行により、里山の維持管理作業、イベントの開催を縮小、または中止にする等、思うような活動ができない期間が続きました。さらに、夏は多雨にも作業を阻まれ、ササが例年以上に生い茂るようになってしまいました。緊急事態宣言が出ている間、藪で覆われ、イベント等の楽しみもご提供できない生態園から、人の手が離れて行ってしまうのではないかと心配もありました。

 しかし、緊急事態宣言解除後、多くのボランティアの方々が再び作業にご参加くださるようになりました。おかげさまで、スタッフだけではとても対処しきれなかった里山の維持管理作業をこなすことができました。御手洗池のかいぼりという一大作業も、無事行うことができました。さらに、 11 月からは、平日(第 1 木曜日)にも複数名のサポーターの方々がボランティアで草刈りに来てくださるようになりました。こんな世の中で、里山保全のボランティア活動にこんなにも多くの方がご協力くださるとに、感謝の気持ちでいっぱいになりました。そして、イベントでは、子どももおとなも感染防止対策に積極的にご協力くださり、講師の方には少人数相手でもいつも通り、温かくご指導をいただきました 。

 皆様の快いご協力もあり、作業・イベントの参加者、来園者、スタッフから罹患者の情報は今のところなく、安全な管理運営ができました。労いや応援のお言葉もたくさんいただきました。この場を借りて、皆さまに厚く御礼を申し上げます。来年も、生態園の活動を温かく見守っていただけましたら幸いです。長くなりましたが、よい年末をお迎えください。【赤木】

15回の閲覧