里山保全作業について

2021年4月16日

草を刈る理由

面白い花ですよね!「アマドコロ」というユリ科の植物で、今、園内の西山でたくさん咲いています。ちょうど今咲いている場所は、昨年末の「里山保全作業」(詳しくはイベント情報をご参照)でボランティアの方々が一生懸命ササを刈ってくださった場所です。冬、花のない時期にササ刈をしていると、「また夏になったらササが伸びるのになんで一生懸命刈るんだろう?」と思われるかもしれません。でも、冬のうちに林床のササを刈って光が届くようにしておくと、春にはたくさん花が咲きます。是非、植生の豊かな環境を守るために、里山保全作業や草刈りボランティアに参加してみませんか?(あ)



25回の閲覧