昔ながらの米作り

 2022年度 

生態園の自然に囲まれた小さな田んぼで
一年を通して米作りを体験してみませんか

ほとんどの作業を手・人力で行います

◆体験場所:茅ヶ崎公園自然生態園(MAP)
◆募集人数:16組程度
      家族(小学生以上)
                  個人(高校生以上)
◆応募方法:HPから申込み
◆受付開始:2022年4月7日(木)
◆締め切り:2022年4月15日(金)
◆結果連絡:抽選の結果は4月末頃に連絡
◆運営協力費:家族の場合はお二人で9000円
       お一人追加ごとに4500円
​       個人の場合はお一人5000円
​​ ※生態園サポーター会費・保険料を含みます。​

中学生以下は保護者同伴での参加が必須で子どもだけでの参加は出来ません

​小学生未満のお子様は保護者同伴でも参加できません

HP申込みの受付後に受付完了の連絡を致します

受付完了の連絡がない場合は必ずお問い合わせください

1年の予定

*天候や都合等により日程を変更する場合があります

*新型コロナウイルスの感染状況によっては作業が中止となる場合もあります

5月21日28日(土)
​田起こし・しろかき

6月4日(日)
​田植え

7月23日(土)
田の草取り・畦の草刈り

9月10日(土)
​かかし作り

11月5日(土)
​脱穀

10月8日(日)
稲刈り・ハザ掛け

11月

もみすり・精米(スタッフ作業)

3月4日(土)
​お礼肥入れ

ご注意
生態園専用の駐車場はございません。お車をご利用の際はご家族に送迎していただくか駅周辺のコインパーキングをご利用していただくことになります。なるべく自転車や公共の交通機関をご利用下さい。

米作りは生態園の中の田んぼで行います。生態園は里山の自然が残る場所です。当然ながら田んぼには色々な虫やカエル、ザリガニ、といった生物たちがいます。これらの生物が苦手な方もおられると思いますが米作り作業において避けることは出来ません
 
田んぼに入っての作業はご想像できるとおり泥だらけになります。生態園の田んぼは深いので低学年のお子さんは膝上まで泥につかることがあります。しろかきでは、子どもたちが全身泥だらけになる事が多く衣服にも泥がつきます。生態園には簡単な洗い場しかなくシャワー設備などはございませんので簡単にすすぐくらいしか出来ません。お車でも公共の交通機関を利用する場合でもご迷惑にならないよう汚れてもいい着替えを用意するなどして対応して下さい。ご家庭では泥のついた衣服やタオル、履き物の洗濯も必要となります

上記の内容をご理解いただいた上でお申し込みください。

チラシPDF

募集終了